筋肉を緩ませるのと柔軟性は違う

キッチンで開脚する女性

今日の話はスポーツをやっている場合はとっても重要です。

 

筋肉は柔軟性があった方がいいですが、緩みすぎると力が発揮できなくなります。

 

その理由とは、、、

 

とその前に、どうしてこのことについて記事にしようと思ったのかというと、ご質問をいただきました。

 

ジュニアアスリートの息子さんが入る女性からご質問を受けたので、他にもスポーツして悩んでいる人がいるのでは?と思い、記事にまとめてみました。

 

「筋肉の柔軟性=筋肉を緩める」ではない

 

さて、筋肉の柔軟性を上げるには、筋肉を緩める必要があると言われますが。

 

「筋肉に柔軟性がある」というのと、「筋肉を緩める」というのは同じ意味ではありません。

 

「筋肉に柔軟性がある」というのは、良く伸び縮みするということ。

 

「筋肉を緩める」というのは、緊張をほぐすということ。

 

なので、緊張をほぐしすぎると筋肉が伸びた状態になるので、力を発揮できなくなります。

 

緩めすぎに氣をつけたいのは、肩と股関節

 

ここの意味を間違えると、力を発揮できなくなるどころか、ケガの原因にもなります。

 

筋肉が緩んだ状態、簡単に言うと伸びきった状態で、運動やトレーニングをすると、筋肉がつきにくくなります。

 

それは筋肉が本来、伸び縮みして力を発揮するのに、緩んだ状態で縮む力が弱くなっているから。

 

それで筋肉の緩みで特に氣をつけたいのは、肩関節・股関節です。

 

ここの筋肉が緩みすぎると、脱臼まではいかないですが、関節が抜けやすくなります。

 

筋肉というのは、伸びる・縮むの両方がしっかりできて初めて力を発揮することができます。

 

しかし緩みすぎて、縮むことができなくなれば、力が発揮できなくなる。

 

例えば、膝を伸ばしたままジャンプするのと、膝を曲げてからジャンプするのでは、ジャンプできる高さが違いますよね?

 

これと同じで、筋肉もしっかり縮むことができるから、伸ばした時に力を発揮できるわけです。

 

なので、むやみに筋肉を緩ませてしまうと、力が発揮できなくなるばかりか、最悪、ケガにつながってきます。

 

筋肉が緩み過ぎていないかチェックするには?

 

ご自身の関節が緩んでいないかどうかは、仰向けになって、腕を引っ張ってもらう、脚を引っ張ってもらうことで確認できます。

この時に関節がしっかりしていれば、引っ張られても体は動きませんが、抜けていると腕を引っ張ると、肩も一緒に動いたり、脚を引っ張ると、腰から動いたりということが起こります。

 

その場合、すぐに緩んだ関節を元に戻す必要がありますので、一度チェックしてみてください。

 

関節の緩みがあったら、体のバランスが崩れ、力が発揮できないだけでなく、体調を崩す原因にもなりますので、早急に戻したほうがいいですよ。

 

施術のご相談はLINEでも受付中です。
LINEでは健康に役立つ情報、氣功のことなどをほぼ毎日配信中です。
ご登録は下の画像をクリックしてください。
↓↓↓

LINE登録アイコン

関連記事

  • 肩から首の痛みを改善したらウエストがくびれた件肩から首の痛みを改善したらウエストがくびれた件 先日、八王子でのこと。   『黄龍英(おうりゅうえい)』先生の施術を見学しながら手技の勉強をしていた時。   患者さんに対して、今まで自分が見たことのない手技を始め、「はい、これでウエストも細くなったよ。」と言うのです。   確かに見た感じは、手技をやる前より、くびれができている。   そ […] Posted in 肩の痛み
  • 右手の薬指付け根が痛いという方のケース右手の薬指付け根が痛いという方のケース 先日、ご紹介でお見えになった方の話。   ソフトボールでお世話になっている方が、お知り合いを連れて3人で、群馬の整体院にお見えになりました。   その中の一人の方が、右手の薬指の付け根あたりが痛いということで施術をさせていただきました。   右手薬指の付け根の痛みの原因は? 痛みの状況について詳しく聞いて […] Posted in 肩の痛み
  • 歯が原因となって左肩と左腰が痛くなるケース歯が原因となって左肩と左腰が痛くなるケース 群馬県高崎市にある体の内側から痛みを改善する【群馬双龍門整体院】代表、『黄 慶山(おう […] Posted in 肩の痛み
  • 右の肩甲骨のあたりが痛いことでお悩みの女性のケース右の肩甲骨のあたりが痛いことでお悩みの女性のケース 土曜日は、八王子から大宮に行ってセミナーした後、高崎に戻ってきて施術をしました。   移動が多くて、流石に疲れました。(汗)   高崎に戻って施術した方は、以前一度ご来院になった女性。   右肩甲骨の痛みと、両手首の痛みということで、施術させていただきました。   右肩甲骨と両手首の痛みの原因 […] Posted in お知らせ, 肩の痛み
About The Author

黄 慶山

福島健二(ふくしまけんじ) 中国伝統医療【双龍門】認定整体師 群馬双龍門整体院 代表 1980年生まれ。群馬県高崎市出身。 病院では治せないと言われた患者を、中国伝統医療独自の施術で1万人以上救ってきた1800年の続く流派【双龍門】第76代承門に弟子入りし、整体術と氣功を伝承。 3年間で500人以上の患者に効果を上げる。 あるとき、患者さんに「痛くしないでください」と言われたことをきっかけに、自分自身が施術を受ける際も痛くされるのは嫌だったことから、痛みを感じさせずに痛みを改善する施術方法がないかと研究。 結果、まったく揉まず、痛みを感じることなく体の痛みを改善する方法を発見。その施術方法での改善率は91.3%にものぼる。 「薬を使わずに健康な身体づくりが簡単にできる社会をつくる」をミッションに掲げ、活動中。 1歳の息子と7歳の娘の父親でもある。 趣味はソフトボール(中学校からずっと続けている) ・著書 『筋トレなし、ランニングなし、食事量制限なしで内側から活力みなぎる引き締まった体をつくる方法』(Kindle)

コメントはこちら