腰痛専門院を名乗る理由とは?

高崎市で唯一の秘孔を使って、腰痛を改善する腰痛専門院、群馬双龍門整体院の『黄 慶山(おう けいさん)』こと福島健二です。

今回は群馬双龍門整体院が、なぜ「腰痛専門院」を名乗るのか?についてお話しします。

実は「腰痛」にこだわっているのには、ちゃんと理由があります。

自分は生涯現役の体づくり、いつまでも健康で若々しく引き締まった体を実現するために日々学習と実践を重ねています。

その中でわかったことは、生涯現役の体をつくるには、中医学でいう「腎」の力をどれだけ長く維持・向上できるかが鍵を握っているということです。

腎の主な働きは、生命を維持するエネルギー源「精」(成長・生殖機能)を蓄え、体内の水分をコントロール(排尿機能)すること。その他、酸素を体内に深く吸い込む納気機能、骨や歯、脳、髪などの生育、耳や尿道、肛門の機能維持、といった働きもあります。

また腎は、両親から受け継いだ「先天の氣」と、呼吸や食事で得られる「後天の氣」の2つが合わさって腎の力を維持しています。「先天の氣」は生涯増えることはないので、腎の力を維持・向上させていくには、「後天の氣」をいかに蓄えていくかが、重要になってきます。

では、「後天の氣」を蓄えるにはどうすればいいのか?、、、ですが、食事と氣功(特に呼吸法)で、蓄えることができます。なので、腎の力を高め、健康で若々しい体を維持したいのであれば、食事と呼吸を見直す必要があるわけです。

 

で、だいぶ話がそれましたが、腎の力が弱った時に、体に出る症状の一つが「腰痛」です。腎に含まれる腎臓は、体の中で腰の部分に位置しています。そのため、腎の力が弱ってくると、「腰痛」を発症することになります。

つまり「腰痛」は、腎の力が弱っているという体からのサインなのです。

では、「腰痛」を根本改善するにはどうすればいいのか?

「腰痛」を根本改善するには、腎の力を高める必要があります。

腎の力を高めるということは、体を若返らせるというのと、ほぼ同じ意味になります。そもそも体の痛みや不調というのは、体を若返らせることができれば、すべて解決することができます。

びっくりする赤ちゃん

「腰痛」の根本改善のため、腎の力を高めていくことで、「腰痛」だけでなく、体のあらゆる問題が解決していく。健康で自然な若さを保った体を創れる。

だから自分は「腰痛専門院」を名乗っているのです。

もし、あなたも「腰痛」を抱えているのであれば、それは老化のサインです。今すぐ、腎の力を高める活動、「腎活」を始めるため、群馬双龍門整体院に来ませんか?

関連記事

About The Author

黄 慶山

福島健二(ふくしまけんじ) 中国伝統医療【双龍門】認定整体師 群馬双龍門整体院 代表 1980年生まれ。群馬県高崎市出身。 病院では治せないと言われた患者を、中国伝統医療独自の施術で1万人以上救ってきた1800年の続く流派【双龍門】第76代承門に弟子入りし、整体術と氣功を伝承。 3年間で500人以上の患者に効果を上げる。 あるとき、患者さんに「痛くしないでください」と言われたことをきっかけに、自分自身が施術を受ける際も痛くされるのは嫌だったことから、痛みを感じさせずに痛みを改善する施術方法がないかと研究。 結果、まったく揉まず、痛みを感じることなく体の痛みを改善する方法を発見。その施術方法での改善率は91.3%にものぼる。 「薬を使わずに健康な身体づくりが簡単にできる社会をつくる」をミッションに掲げ、活動中。 1歳の息子と7歳の娘の父親でもある。 趣味はソフトボール(中学校からずっと続けている) ・著書 『筋トレなし、ランニングなし、食事量制限なしで内側から活力みなぎる引き締まった体をつくる方法』(Kindle)

コメントはこちら