1週間で体が劇的に変化した方法

上を向く女性

「1週間、食事を変え、◯を食べ、筋肉を緩めるのを控えめにしたら、ホントにガラリと180度変わりました!」

というご報告をいただきました。

 

1週間で体が変わった理由とは、、、

 

1週間で体と意欲が劇的に変化した!

ジャンプする男性

先日、LINEにご登録いただいた方からご質問をいただきました。

 

スポーツをしている息子さんのことをご相談いただきまして。

 

詳しいことは避けますが、簡単に言うと、パフォーマンスを上げるには、どうすればいいかというご相談でした。

 

現状の取り組みを聞いた後、今すぐできることとして、

・筋肉をゆるめすぎないこと
・食事を肉中心に変えること
・エネルギーを貯めるために◯を食べること

をお伝えしました。

 

体のパフォーマンスを上げる上で、一番重要になってくるのは、『消化力』を上げることです。

 

なぜ『消化力』?と思われるかもしれませんが、『消化力』を上げることで、

・筋肉が充実する
・筋肉の質が上がる
・体力(スタミナ)がつく
・自信がつく

ということが起こります。

 

消化器は筋肉と表裏一体の関係にあり、消化力が上がることで、筋肉本来の役割ができるようになります。

 

筋肉はただ鍛えればいいというものではなく、エネルギーのタンクとしての役割をいかに充実させるかで、体のパフォーマンスが変わってきます。

 

そのためには、エネルギーに変わる食事をし、普段の食生活でしっかりと筋肉にエネルギーを貯め込むことが重要です。

 

パフォーマンスを下げる原因

 

普段の食生活で筋肉にエネルギーを貯めることができていれば、試合当日にエネルギー補給してから試合に臨むということをしなくても、十分なスタミナと力を発揮することができます。

 

今のスポーツ界では、とにかく食べて体を大きくするのがいいみたいな風潮がありますが、それでは体を壊してしまいます。

 

体が大きくならなくても、力は十分に発揮できますし、無駄に大きくしないことで、エネルギーロスを減らすこともできます。

 

こういったことを知らないまま、「とにかく食べろ」と指導されれば、消化力がもともと強い選手は、それでも力を発揮できますが、消化力が弱い選手は、若いうちに才能を潰されることになります。

 

そうならないためにも、食事に関する正しい認識が必要なのですが、、、。

 

運動する際には糖が必要だから、白米を食べた方がいいという人もいますが、糖にも質を求めた方がいいです。

 

砂糖や人工甘味料、白米、小麦粉、フルーツといった糖は、甘すぎる。

 

これを消化するのに、体はものすごいエネルギーを使います。

 

甘味は体にエネルギーを貯めるために必要ですが、砂糖を代表とした糖は、逆にエネルギーを奪います。

 

だから、糖も違う甘味を摂る必要があります。

 

自然な甘みが体を劇的に変える

 

では、どんな甘味を摂ればいいのか。

 

ヒントは漢方にありました。

 

体のパフォーマンスを上げるための、一般的に言われている食事法とは、正反対の食事管理法です。

 

実際にやってもらったところ、10代のお子さんであれば、1週間で体が劇的に変化しました。

 

運動時のパフォーマンスが上がり、自信がみなぎるという変化が起こっています。

 

まあ、消化器の状態が良くなれば、当たり前のことなんですが、一般的に筋肉にいいとされている食事をすると、消化器が弱い人は確実に淘汰されます。

 

この食事管理法は、スポーツをやっていて消化器が弱い人でも、体のパフォーマンスを上げることができる方法です。

 

この食事管理法を詳しく知りたい場合は、下の画像をクリックして、メールアドレスをご登録ください。

 

健康管理の秘密

関連記事

  • 肉食が現代のライフスタイルに合ってる理由肉食が現代のライフスタイルに合ってる理由 なんで肉食が現代のライフスタイルに合っているのか?   現代人はとにかく忙しい。食事をしたあとに、体を横にして消化に集中する時間を長く取れる人は稀です。   それを考えたとき、食事で重要になってくるのが、消化がしやすく、早くエネルギーに変わるという条件。   消化に時間をかけずに、早くエネルギーになる食べ物が現 […] Posted in 肉食
  • お腹の脂肪を落とすには?お腹の脂肪を落とすには? 30歳を過ぎてから、お腹に脂肪が。。。という方は多いのではないでしょうか?   自分自身も30歳を過ぎてから、お腹の脂肪を落とすため、筋トレしたり、ランニングしたりと、週3回は運動をするようにしましたが、逆に体を壊した経験があります。   いくら運動をしても、お腹の脂肪を落とすことはできず、時間が経てば経つほど、お腹に脂肪がついて […] Posted in 肉食
  • 口の周りに吹き出物ができる原因口の周りに吹き出物ができる原因 先日、「口の周りに吹き出物ができるのは、どういうことなんですか?」というご質問をいただきました。   自分自身、中学生から高校卒業までひどいニキビに悩んでいましたので、当然、口の周りにも吹き出物がよくできていました。   おかげさまで今では吹き出物が出ることは、ほとんどなくなっています。   口の周りに吹き出物 […] Posted in 肉食
  • 中年太りを解消するには?中年太りを解消するには? 「中年太り」   年齢を重ねるとどんどん増えていくお腹の脂肪。   年齢を重ねれば、当然お腹に脂肪がついてくると思っているあなた。   それは大きな間違いです。   自分自身も30歳を過ぎたあたりから、中年太りが気になり始め、筋トレやランニングを週3回のペースで取り組んでいました。 […] Posted in 肉食
About The Author

黄 慶山

福島健二(ふくしまけんじ) 中国伝統医療【双龍門】認定整体師 群馬双龍門整体院 代表 1980年生まれ。群馬県高崎市出身。 病院では治せないと言われた患者を、中国伝統医療独自の施術で1万人以上救ってきた1800年の続く流派【双龍門】第76代承門に弟子入りし、整体術と氣功を伝承。 3年間で500人以上の患者に効果を上げる。 あるとき、患者さんに「痛くしないでください」と言われたことをきっかけに、自分自身が施術を受ける際も痛くされるのは嫌だったことから、痛みを感じさせずに痛みを改善する施術方法がないかと研究。 結果、まったく揉まず、痛みを感じることなく体の痛みを改善する方法を発見。その施術方法での改善率は91.3%にものぼる。 「薬を使わずに健康な身体づくりが簡単にできる社会をつくる」をミッションに掲げ、活動中。 1歳の息子と7歳の娘の父親でもある。 趣味はソフトボール(中学校からずっと続けている) ・著書 『筋トレなし、ランニングなし、食事量制限なしで内側から活力みなぎる引き締まった体をつくる方法』(Kindle)

コメントはこちら