脳梗塞は防ぐには?

西城秀樹

西城秀樹さんの訃報を受けて、考えたことがあります。

それは、「脳梗塞を防げなかったのか?」ということです。

自分は「防げた」と考えています。

適切な対応をしていれば、脳梗塞自体を防ぐことができたはずです。

なぜ防げたと断言できるのか?

それにはもちろん理由があります。

その前に脳梗塞とはどんな病気なのかを見ていきます。

 

脳梗塞とは?

脳青い光の背景

脳梗塞とは、脳の血管が詰まる病気で、脳の血管が詰まると、その先の血の流れがなくなり、脳に酸素や栄養が不足します。

この状態が長く続くと、脳の一部が小さくなり、その後、脳細胞が働かなくなっていきます。

脳細胞が働かなくなってくると、手や足が動かしにくなったり、言葉がうまく出なかったり、話せなかったりといったことが起こってきます。

脳梗塞には3つのタイプがあるとされています。

その3つのタイプとは、「ラクナ梗塞」「アテローム血栓性脳梗塞」「心原性脳塞栓症」の3つです。

 

ラクナ梗塞とは?

ラクナ梗塞とは、脳の細い血管が詰まって起こる脳梗塞です。

ラクナとは「小さなくぼみ」という意味。

脳には網のように血管が張り巡らされていて、太い血管もあれば、細い血管もあります。

ラクナ梗塞は細い血管の中に狭くなった部分ができて、血の流れが止まってしまうタイプの脳梗塞になります。

日本人に最も多いタイプの脳梗塞で、高血圧によって起こると言われています。

 

アテローム血栓性脳梗塞とは?

アテローム血栓性脳梗塞とは、脳の太い血管が詰まってしまったことで起こる脳梗塞です。

アテロームとは、粉瘤(ふんりゅう)のことを指し、丸いデキモノのことを言います。

アテローム血栓性脳梗塞は、脳の血管が硬くなったところに、丸いデキモノができることで、血管内の通路を狭くし、狭くなったところに血栓ができて、詰まってしまうタイプの脳梗塞です。

(血栓とは、血液の中で血が固まったものです。)

高血圧、高脂血症、糖尿病といった生活習慣病が主な原因と言われています。

 

心原性脳塞栓症(しんげんせいのうそくせんしょう)とは?

心原性脳塞栓症とは、脳の太い血管が詰まって起こる脳梗塞です。

アテローム血栓性脳梗塞と違いは、血管の中は狭くなっていないということ。

心臓でできた血栓(血が固まったもの)が、血の流れに乗って、脳の太い血管の中で止まってしまい、血流がストップすることで、脳の機能がおかしくなる病気です。

原因としては、心房細動(心臓の拍動がものすごく早くなること)と言われています。

(長嶋茂雄さんはこのタイプだったそうです。)

 

脳梗塞の原因は?

脳梗塞が起こりやすくなる原因は、

・高血圧
・高脂血症
・糖尿病
・肥満
・心臓病(心房細動)
・喫煙

と言われています。

生活習慣によって起こる症状で、特に喫煙は血管が硬くなる動脈硬化を起こしやすくなるので危険と言われています。

脳梗塞の原因を見てわかるのは、脳梗塞自体はウィルス感染による病気ではなく、生活習慣が基となって起こる病気であることがわかります。

つまり生活習慣を変えれば、防ぐことができる病気ということです。

そしてもっと言えば、脳梗塞になる前には、必ず体にサインが出ています。

ここまで、西洋医学での脳梗塞に関する症状や原因を見てきましたので、次は中医学で考える脳梗塞の原因について考えていきます。

 

中国伝統医学で考える脳梗塞の原因

陰陽五行論の説明

中国伝統医学(以下:中医学)でいうと、脳梗塞の原因となるのは『肝熱(かんねつ)』です。

中医学でいう『肝』とは、肝臓だけにとどまらず、胆のう、目、筋(神経・靭帯・腱)、爪、脳といったものも含んでいます。

また中医学の概念の中に、経絡(けいらく)という考え方があります。

経絡(けいらく)とは、エネルギーの通り道のことで、『肝』に関係する経絡(けいらく)は頭までつながっています。

そのため、『肝』が熱を持つことで、その熱が頭まで届き止まることで、血管が傷み、脳梗塞になると考えられています。

 

脳梗塞が疑われる症状とは?

脳梗塞が起こる前には必ず予兆(サイン)があります。

・片方の手足がしびれる
・足がもつれる
・手足に力が入らない
・ろれつがまわらない
・言葉がとっさに出てこない
・他人の言うことが理解できない
・モノが見えにくい

といったことが起こるとされています。

その他に中医学の観点から脳梗塞になる前に起こることは

・腰の痛み
・嘔吐や下痢
・目の充血
・水虫
・爪に縦筋が入る
・爪が黄色くなる
・頭痛
・不眠…etc

といった症状が現れると考えられます。

こういったサインを見逃さず、その時に適切に対策を行なっていれば、脳梗塞は防ぐことができます。

 

脳梗塞のサインを読み取って事前に防ぐ

脳梗塞が起ころうとしている前兆(サイン)が出た時に、適切に『肝』に対する対策を行なっていれば、確実に脳梗塞は防げます。

そして、もっと言えば、『肝熱(かんねつ)』の原因になっている生活習慣はどんなことなのか?

・食事なのか?
・食事ならば、どんな食材なのか?
・精神的なことなのか?
・精神的なことならば、仕事なのか?
・人間関係なのか?家族関係なのか?

こういった本当の原因も調べていけば、特定することができます。

そして原因を特定し、症状が軽いうちに原因に対して対策ができていれば、脳梗塞が起こる危険性をゼロにすることができます。

それができていれば、元氣にステージに立ち、大好きな家族に囲まれながら、仕事ができていたはずです。

そのサインに気づくことができず、根本原因を放っておいたことで、どんどん状態を悪化させていった結果、脳梗塞を二度も発症することになりました。

根本原因を見なかったことにより、脳梗塞を起こした原因は残り続け、時間をかけて悪化することで、手術後の後遺症もひどくなることになりました。

症状だけに対応する現代医学の限界が今回の西城秀樹さんの訃報につながったと自分は考えています。

 

早く氣付いて脳梗塞の危険性をゼロにする

過ぎ去ってしまった時間を取り戻すことはできません。

起こってしまったことを悔やんでも、過去が変わるわけではありません。

だからこそ、氣づくことが重要だと思うのです。

脳梗塞にならない未来は、いつでも選ぶことができます。

今は大丈夫ではなく、すでに体にはサインが出ているかもしれない。

西城秀樹さんも、まさか自分が脳梗塞になるとは思っていなかったはずです。

誰でも病気にかかりたくて生きているわけではありません。

だからこそ、早く氣付くことが重要なのです。

最後に西城秀樹さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

 

追伸

自分があなたにできることは、大病になる前にサインを読み取って、根本原因から改善していくことです。

脳梗塞の危険性診断(無料)に申し込む

関連記事

  • 女性の脚がむくみやすい原因は?むくみを改善するには?女性の脚がむくみやすい原因は?むくみを改善するには? むくみでお悩みの女性って多いんですね。   最近、むくみをご相談されることが多くなってきました。   むくみを解消するために、脚を一生懸命揉むけど、、、翌日にはまたむくむ。   そして脚を揉まないまま寝てしまうと、翌日の朝も脚がパンパンということもあるそうで。   やっぱりむくみの根本的な […] Posted in むくみ
  • エネルギー循環が良くなると健康でスマートになる理由エネルギー循環が良くなると健康でスマートになる理由 今日はエネルギー循環のお話です。   体のエネルギー循環に興味がない場合は、今回の記事は参考になりませんので、今すぐ閉じてください。   さて、人間の体はエネルギーが循環することで、生命維持を行なっています。   このエネルギー循環が、常にスムーズに行なわれていれば、体はいつまでもいい状態を保つことができるわけ […] Posted in 氣・気功
  • 筋トレなしで体脂肪率9.9%になった理由筋トレなしで体脂肪率9.9%になった理由 先日、ふと「久しぶりに体脂肪率を測ってみるか。」と思い、体脂肪計に乗ってみると、、、   ・体脂肪率9.9% ・筋肉量57.25kg ・体年齢21歳   と表示されました。 最近はお腹が出るということがないので、体型のことは氣にならなくなって、体脂肪計に乗ることもなくなっています。 (筋トレをやっていたときは […] Posted in 氣・気功
  • 人間の体の中にある不死の生命体人間の体の中にある不死の生命体 今回は太陽の光を浴びると、体が若返り寿命が伸びるというお話し。   なぜ、太陽の光を浴びることが、体の若さに繋がるのか?   それには「ソマチッド」という極小の生命体が関係しています。   植物が太陽の光を浴びて、エネルギーを生成する「光合成」。   実は人間も光合成を行なうことができるこ […] Posted in 生命力
About The Author

黄 慶山

福島健二(ふくしまけんじ) 中国伝統医療【双龍門】認定整体師 群馬双龍門整体院 代表 1980年生まれ。群馬県高崎市出身。 病院では治せないと言われた患者を、中国伝統医療独自の施術で1万人以上救ってきた1800年の続く流派【双龍門】第76代承門に弟子入りし、整体術と氣功を伝承。 3年間で500人以上の患者に効果を上げる。 あるとき、患者さんに「痛くしないでください」と言われたことをきっかけに、自分自身が施術を受ける際も痛くされるのは嫌だったことから、痛みを感じさせずに痛みを改善する施術方法がないかと研究。 結果、まったく揉まず、痛みを感じることなく体の痛みを改善する方法を発見。その施術方法での改善率は91.3%にものぼる。 「薬を使わずに健康な身体づくりが簡単にできる社会をつくる」をミッションに掲げ、活動中。 1歳の息子と7歳の娘の父親でもある。 趣味はソフトボール(中学校からずっと続けている) ・著書 『筋トレなし、ランニングなし、食事量制限なしで内側から活力みなぎる引き締まった体をつくる方法』(Kindle)

コメントはこちら