腰・ヒザの痛みでお悩みの40代男性

先日、腰とヒザの痛みでお悩みの40代男性の方が群馬の整体院にお見えになりました。

 

お仕事はデスクワークで、長時間、椅子に座っていると、腰が重く、痛くなるとのこと。

 

またヒザを曲げると、曲げた時にヒザの表側が痛くなるので、なんとかなりますか?というご相談でした。

 

詳しくお話しを聞いてみると、、、

 

当院にお見えになる前に、整骨院に行って、腰・ヒザが痛くなる原因を教えてもらったとのことなんですが。

 

その整骨院では、あまり改善がみられなかったとのことで、当院のことを知ってお見えになりました。

 

ご本人はヒザの痛みは腰から来ているという風に説明されたそうで。

 

それなので、腰を治して欲しいとのことでした。

 

一通りお話しを聞いた後、検査をすることをお伝えし、ベッドに仰向けになってもらいました。

 

自分が検査した結果は、

・右の肩甲骨にゆがみ
・右肩の筋肉のゆるみ
・背骨の一部につぶれ、骨折
・左右の坐骨の弱体化
・左股関節の筋肉にゆるみ
・左足のかかとの骨にゆがみ・骨折

という検査結果となりました。

 

このすべての原因になっているのが、肝臓の状態で、右肋骨の下を触ると固く、押すと痛みを感じるほどでした。

 

原因を伝え、体の状態を確認

 

検査で出た結果をご本人に伝え、腰の痛み、ヒザの痛みの原因の大元は、肝臓にあることを説明しました。

 

その影響で、左脚を引っ張ると抜けそうになったり。

 

座った状態で右肩に手を乗せて押すと、体が右に傾き、倒れそうになってしまったり。

 

背骨全体の重力に対する抵抗力がかなり落ちている状態だったので、長時間座っていると、自然と背中が丸まり、腰が重だるくなってくることをお伝えしました。

 

原因を特定して施術

 

腰・ヒザの痛みの原因を特定して、体の状態をご説明した後、その原因を改善するために施術をしました。

 

施術をするといっても、ただお腹に手を当てるだけですが。

 

(大体30秒ぐらいです。)

 

施術をした後に、再度、体の状態を確認。

 

まず右の肋骨の下を手で押してみると、硬さがとれて、押した時の痛みも軽減しているとご本人に確認してもらい。

 

その次に仰向けの状態で、左脚を引っ張って、股関節の筋肉のゆるみ具合を確認。

 

施術前よりもしっかりして、ゆるみはほぼなくなっていました。

 

そして座った状態になってもらって、右肩・左肩を上から体重を乗せて押しても、体勢が崩れることがなくなり、思い切り押してもビクともしなくなりました。

 

そして立った状態になって、腰を動かしてもらうと、腰の重さはなくなり、施術前よりも後ろに反れるようになりました。

 

ヒザの痛みに関しては、ヒザを曲げ伸ばしし、伸ばそうとした時に、痛みが出るということで再度、施術。

 

その後、またヒザを曲げ伸ばししてもらうと、痛みがなくなったとのことで、施術を終了しました。

 

骨格や筋肉だけでは改善しきれない

 

骨のゆがみ、筋肉の緊張・ゆるみを変化させるだけでは、痛みが取りきれない場合があります。

 

それは他の部分にも痛みの原因があるためです。

 

その本当の原因を長い間放置してしまうと、症状はどんどん悪化していき、また別の場所にも痛みを感じるようにもなります。

 

しっかり根本原因を見極め、その原因をしっかりと改善させること。

 

また本当の原因を長い間、放置しないことも、いい状態を保つためには大事になってきます。

 

施術のご相談はLINEが便利です
ご登録で特別レポートをプレゼント
ご登録は下のボタンをクリックしてください
↓↓↓

LINE登録アイコン

関連記事

  • 腰の痛み原因チェックリスト腰の痛み原因チェックリスト 整体院でよく聞かれるのは、腰の痛みの原因はなんですか?ということ。   そこで簡単に原因がわかる腰の痛みチェックリストを作ってみました。   あなたの腰の痛みは?   以下の中から、当てはまる項目を選んでください。   1,前屈すると腰に痛みが出る 2,後ろに反ると腰に痛みが出る 3, […] Posted in 腰痛
  • 腰が痛い原因と治し方!腰が痛い原因と治し方! 日本人のほとんどが経験しているといっても過言ではない腰痛。   厚生労働省が出している「平成25年 国民生活基礎調査の概況」によると、腰痛は男性では1位、女性では肩こりに次ぎ2位になるほど、症状を自覚している人が多くなっています。   この統計からわかるのは、病院に腰痛で通う人が多いことと、腰痛の治し方が確立できていないから、腰が痛 […] Posted in ブログ, 腰痛
  • 筋肉を緩ませるのと柔軟性は違う筋肉を緩ませるのと柔軟性は違う 今日の話はスポーツをやっている場合はとっても重要です。   筋肉は柔軟性があった方がいいですが、緩みすぎると力が発揮できなくなります。   その理由とは、、、   とその前に、どうしてこのことについて記事にしようと思ったのかというと、ご質問をいただきました。   ジュニアアスリートの息子さ […] Posted in 腰痛, 肩の痛み
  • スポーツ中に腰の痛みを相談されて、、、スポーツ中に腰の痛みを相談されて、、、 木曜日は仕事のお付き合いで、ソフトボールの関東大会に参加してきました。   おかげさまで優勝できましたが、ケガをしてしまいまして。   筋肉痛ではなく、ケガの影響で体が痛いという、、、   さて、ソフトボールに限らず、スポーツやられている方って、やっぱり体に痛みがある場合が多いです。   […] Posted in 腰痛
About The Author

黄 慶山

福島健二(ふくしまけんじ) 中国伝統医療【双龍門】認定整体師 群馬双龍門整体院 代表 1980年生まれ。群馬県高崎市出身。 病院では治せないと言われた患者を、中国伝統医療独自の施術で1万人以上救ってきた1800年の続く流派【双龍門】第76代承門に弟子入りし、整体術と氣功を伝承。 3年間で500人以上の患者に効果を上げる。 あるとき、患者さんに「痛くしないでください」と言われたことをきっかけに、自分自身が施術を受ける際も痛くされるのは嫌だったことから、痛みを感じさせずに痛みを改善する施術方法がないかと研究。 結果、まったく揉まず、痛みを感じることなく体の痛みを改善する方法を発見。その施術方法での改善率は91.3%にものぼる。 「薬を使わずに健康な身体づくりが簡単にできる社会をつくる」をミッションに掲げ、活動中。 1歳の息子と7歳の娘の父親でもある。 趣味はソフトボール(中学校からずっと続けている) ・著書 『筋トレなし、ランニングなし、食事量制限なしで内側から活力みなぎる引き締まった体をつくる方法』(Kindle)

コメントはこちら