エネルギー循環が良くなると健康でスマートになる理由

笑顔の二人の女性

今日はエネルギー循環のお話です。

 

体のエネルギー循環に興味がない場合は、今回の記事は参考になりませんので、今すぐ閉じてください。

 

さて、人間の体はエネルギーが循環することで、生命維持を行なっています。

 

このエネルギー循環が、常にスムーズに行なわれていれば、体はいつまでもいい状態を保つことができるわけですが、、、

 

エネルギーを消耗しすぎると、運動をしていても体が細くならなかったり、疲れるばかりで筋肉がつかなかったりということが起こります。

 

では、どうすればエネルギーを体に貯めて、スマートな体になることができるのかをお話ししていきます。

 

エネルギーの消耗や滞りが起こる理由

パソコンの前で頭を抱える女性

生活している中で、気温の変化や、重いものを持ったり、体を強く打ちつけたり、甘いものを食べたり、激しい運動をしたりすると、エネルギーの流れに滞りが起こってきます。

 

このエネルギーの滞りを無視して、放置していると、徐々に体調を崩すことになります。

 

特に多くの人が勘違いしているのは、運動をすれば健康になれるということ。

 

とにかく運動をしてカロリーを消費すれば、太らないし、健康になれる。

 

これは真っ赤な嘘です。

 

運動をすれば健康になれるというのは、幻想です。

 

人間の体は一定量のエネルギーが常に循環していなければ、疲れやすくなったり、体調を崩しやすくなったり、体型が崩れやすくなったりします。

 

つまり運動が「エネルギーの消費活動」である限り、やればやるほど人間の体は弱っていくことになるのは、当然なことなのです。

 

食べたものがエネルギーになっていない!?

チーズを食べる女性

しかも現代の食事は、エネルギーに変換できない食品が多く、しっかり食べているつもりでも、体には栄養が足りないという状態が起こっています。

 

食事で栄養を蓄えられず、運動でエネルギーを消費する。

 

この循環が長く続けば、当然体はどんどん弱っていくことになり、体調を保つことも難しくなっていきます。

 

またエネルギーが枯渇することで、体の中で体型管理機能の役割を果たしている『脾臓(ひぞう)』が弱り、正常に働かなくなって、太ったり痩せすぎたりということも起こってくるのです。

 

体にエネルギーを貯めるには?

浜辺で微笑む女性

やることはとてもシンプルで、

・エネルギーに変換できる食事をする
・エネルギーを消費せず体を動かす

この2つができれば、いつまでもいい状態を保つことができます。

 

双龍門が提唱している食事法や気功法は、この2つをベースにして考えられています。

 

だから継続できれば、本当に健康になりながら、理想の体型を作ることもできます。

 

そして結果的に筋肉の質が上がり、パフォーマンスの高い肉体へと変化を遂げることができるのです。

 

エネルギーに変換できる食事・運動の詳しいやり方は、5日間の無料メール講座で公開しています。

↓↓↓

健康管理の秘密

関連記事

  • 運動は健康にいいのか?運動は健康にいいのか? 運動は健康にいい!! どんどん運動してください!! と言われますが、本当にそうなのでしょうか?   体を動かすことは、人間にとって必要なことですが、筋肉の特性から見ると、必ずしもいいとは言い切れないところがあります。   それは運動をすることで、体力を消耗してしまうことです。   体力を消耗するというこ […] Posted in 氣・気功
  • 疲れがとれないときは?疲れがとれないときは? 連日の暑さで疲れがとれない。 たくさん寝ても朝起きるとだるい。 […] Posted in 氣・気功
  • 強く揉まれることが危険な理由強く揉まれることが危険な理由 先日、「なんで揉まないんですか?」と聞かれましたので、自分がなぜ『揉まない施術』を選択しているのかをお話ししたいと思います。   ということで、興味がない方はスルーしてください。   まず結論から言ってしまうと、『体を強く揉むのは危険だから』です。   体を任せてもらっている以上、あなたの体にとってベストな施術 […] Posted in 氣・気功
  • 筋トレなしで体脂肪率9.9%になった理由筋トレなしで体脂肪率9.9%になった理由 先日、ふと「久しぶりに体脂肪率を測ってみるか。」と思い、体脂肪計に乗ってみると、、、   ・体脂肪率9.9% ・筋肉量57.25kg ・体年齢21歳   と表示されました。 最近はお腹が出るということがないので、体型のことは氣にならなくなって、体脂肪計に乗ることもなくなっています。 (筋トレをやっていたときは […] Posted in 氣・気功
About The Author

黄 慶山

福島健二(ふくしまけんじ) 中国伝統医療【双龍門】認定整体師 群馬双龍門整体院 代表 1980年生まれ。群馬県高崎市出身。 病院では治せないと言われた患者を、中国伝統医療独自の施術で1万人以上救ってきた1800年の続く流派【双龍門】第76代承門に弟子入りし、整体術と氣功を伝承。 3年間で500人以上の患者に効果を上げる。 あるとき、患者さんに「痛くしないでください」と言われたことをきっかけに、自分自身が施術を受ける際も痛くされるのは嫌だったことから、痛みを感じさせずに痛みを改善する施術方法がないかと研究。 結果、まったく揉まず、痛みを感じることなく体の痛みを改善する方法を発見。その施術方法での改善率は91.3%にものぼる。 「薬を使わずに健康な身体づくりが簡単にできる社会をつくる」をミッションに掲げ、活動中。 1歳の息子と7歳の娘の父親でもある。 趣味はソフトボール(中学校からずっと続けている) ・著書 『筋トレなし、ランニングなし、食事量制限なしで内側から活力みなぎる引き締まった体をつくる方法』(Kindle)

コメントはこちら