右肩に脱臼癖がある20代女性のケース

先日、群馬の整体院にお見えになった20代女性。

 

問診の時点では、

「あまり身体は痛くないです。」

と言っていたので、軽い症状なのかなと思っていたら、、、

 

検査したところ、いろいろ見つかりまして。。。

 

本当はかなり痛かったみたいです。

 

体を検査してみたら、、、

 

検査でわかった主な症状は、

・右肩の筋肉が緩み、脱臼気味
・左股関節の筋肉が緩み、脱臼気味
・仙骨(お尻の中心部分にある骨)にキズ、ゆがみ、重力に対しての対応時間の低下

が起こっていました。

 

なので、

「腰、かなり痛いんじゃないですか?」

と聞いたら、

「(ベッドに仰向けの状態で)今も痛いです。。。」

と言われまして。

 

問診のときに言ってよ!と思いましたが、なんか試されていたんですかね。

 

他にも、椅子に座った状態で、右肩が左肩に比べて、かなり上がった状態になっていましたし、左脚が長くなっていました。

 

また地球上で生活している限り、上から下に向かって重力がかかっているので、背骨って重力に対して反対の力が作用しているのですが、、、

 

(それを応力(おうりょく)って言います。)

 

その力がかなり弱っていて。

 

なので、上から肩を押されると、すぐに背中が丸まってしまう。

 

(ちなみに正常だと、女性でも60kgの男性が乗っても、びくともしないぐらい強い力があります。)

 

これも影響して、右肩の痛み、腰の痛みとなっていました。

 

検査の後に施術をしたら、、、

 

そのことを実際にご自身で確認していただいてから施術。

 

(施術と言っても、お腹に手を当てるだけですが。)

 

で、1分後、再度、検査をして、体がどう変わったのかを確認してもらったところ、、、

 

・左右の脚の長さが揃った
・左右の肩の高さが揃った
・右肩を引っ張っても抜けなくなった
・左脚を引っ張っても抜けなくなった
・腰の痛みがなくなった

ということを確認してもらいました。

 

で、施術が終わった後に、右肩をぐるぐる回し始めて、

「あっ、回すとゴリゴリと音がしてたのに、なくなってる!?」

と嬉しそうに、何回も回していました。

 

1回で劇的に変化した理由

 

今回のケースでは、年齢が若いということもあり、回復力がもともとあったことから、1度の施術で劇的に変化を感じてもらえました。

 

自分の施術は、その人が持っている回復力を正しく使えるように誘導していき、身体を楽にしていくものです。

 

回復力があっても、回復させるべきところに働いていないと、身体は楽になっていきません。

 

そんなことがあるのかと思われるかもしれませんが、本当に治療が必要な部分に、回復するための運動が起こっていないということは結構あります。

 

だから、自分が誘導していく。そういった施術になります。

 

施術のご相談はLINEが便利です。
ご登録すると特別レポートをプレゼント。
ご登録は下のボタンをクリックしてください。
↓↓↓

LINE登録アイコン

関連記事

  • 健康診断で正常と言われたけど、、、健康診断で正常と言われたけど、、、 健康を保ちたい経営者を病気にならない体にする、群馬双龍門整体院の『黄 慶山(おう […] Posted in 健康
  • コレステロール値が高いのはいいこと!?コレステロール値が高いのはいいこと!? 『油』を取りすぎるとコレステロール値が高くなるから危険という話を、一度は聞いたことがあると思います。   しかし、コレステロール値は上げないと、健康な体を保つことはできないということを知っている人はほとんどいません。   コレステロール値が体の何を意味しているのかを知ると、1日に卵をいくつ食べても大丈夫ということがわかるようになりま […] Posted in 健康
  • 『双龍門仙道会』目的・概要『双龍門仙道会』目的・概要 『双龍門仙道会』は道教の思想「すべてのものには道がある」の考えから、仙道修行を活用し、参加者が『氣』を自由自在に利用できるようになることで、健康で強靭な肉体と健全な精神を手に入れること。 仲間と集い、同じ目標を持って修行をすることで、大きなエネルギーの波を創り、参加者全員が人生の目的を達成できるようにエネルギーを活用していく術を学び、実践していくことを目的とした組織です […] Posted in 概要
  • サンプルデータ3サンプルデータ3 ノーイメージの商品。 Posted in ショップ
About The Author

黄 慶山

福島健二(ふくしまけんじ) 中国伝統医療【双龍門】認定整体師 群馬双龍門整体院 代表 1980年生まれ。群馬県高崎市出身。 病院では治せないと言われた患者を、中国伝統医療独自の施術で1万人以上救ってきた1800年の続く流派【双龍門】第76代承門に弟子入りし、整体術と氣功を伝承。 3年間で500人以上の患者に効果を上げる。 あるとき、患者さんに「痛くしないでください」と言われたことをきっかけに、自分自身が施術を受ける際も痛くされるのは嫌だったことから、痛みを感じさせずに痛みを改善する施術方法がないかと研究。 結果、まったく揉まず、痛みを感じることなく体の痛みを改善する方法を発見。その施術方法での改善率は91.3%にものぼる。 「薬を使わずに健康な身体づくりが簡単にできる社会をつくる」をミッションに掲げ、活動中。 1歳の息子と7歳の娘の父親でもある。 趣味はソフトボール(中学校からずっと続けている) ・著書 『筋トレなし、ランニングなし、食事量制限なしで内側から活力みなぎる引き締まった体をつくる方法』(Kindle)

コメントはこちら