寒くなると体に起こりやすくなる症状とは?

火曜日は山形へ出張で施術に行ってきました。

 

11月ということもあり、山形は寒いだろうなと思い、上着を一枚用意して着ていきましたが、やっぱり寒かったですね。

 

陽が出てる時はいいのですが、曇ってくると寒い。

 

これから雪も降ってくるそうなので、さらに寒さが厳しくなってくる。

 

気温の変化ってやっぱり体調には大きく影響していて。

 

寒さが体の中に入ることで、筋肉は硬くなりやすくなりますし、その分、血行も鈍くなってきます。

 

なので、冬は定期的に体を温めてあげて、体の中から冷えを出してあげることが大事。

 

鼻水やくしゃみといった症状は、体の中に冷えが溜まっているサインでもありますから、そういったサインが出てきましたら、温泉に行って体を温めたり、サウナに入ったり、岩盤浴したりといった具合に、体を温めると、症状が緩和しやすくなります。

 

またそのほかにも、体が冷えることで起こる症状があります。

 

それは、、、

 

冷えるとかかとがひび割れる

 

その1つがかかとのひび割れです。

 

冬になるとかかとのひび割れが起こりやすくなるのは、体の中に寒さが溜まってきているサインです。

 

かかとのひび割れって、クリームを塗らないと良くならないと思われていますが、、、

 

体を温めてあげると改善してきます。

 

かかとのひび割れから、読み取れるのは体の中でも特に『腎臓』に寒さが入っているということです。

 

中医学で腎臓は『腎』に属していて、冷えに弱いという特徴があるとされています。

 

冬だけでなく、暑い時期もかかとのひび割れがあるという場合は、かなり体の内側が冷えている状態ということができます。

 

なので、体の内側から温めてあげることが大事です。

 

では、体の内側から温めるにはどうしたらいいのかですが、、、

 

体の内側から温めるには?

 

体を内側から温める方法は2つあります。

 

1つは食事ですね。

 

体を内側から温める食材というと、『生姜』。

 

または唐辛子などの辛味があるものです。

 

辛味のあるものは、肺に作用しやすい食材で、肺の活動が活発になることで、体の中から排出しやすくなります。

 

だからと言って、食べ過ぎてしまうと、逆効果ですが。

 

そしてもう1つは呼吸法です。

 

呼吸で肺を大きく動かすことで、体幹にある呼吸筋が活発に動くようになり、また骨盤周りの筋肉も同時に動きます。

 

呼吸法をして、体の奥にある筋肉を動かすことで、血流が活発になり、体を内側から温めることができるようになります。

 

寒くなったら、体を温める!

 

寒くなってきたら、出来るだけ体を冷やすような食べ物を避けるというのも大事です。

 

11月も後半になってくると、忘年会が始まるのではないでしょうか?

 

その時に、冷たいビールやお酒を飲んでしまうと、当然体は冷えます。

 

またスイーツなどの砂糖を多く含んだ食品も、体を冷やす原因になります。

 

体を温める上で、食べ物にも気を使うことで、寒さに負けない元氣な体を創ることができますよ。

 

 

体のご相談はLINEでも受け付けています。
LINEのご登録は下のボタンをクリックして、
表示されるページにてご登録ください。
↓↓↓

LINE登録アイコン

関連記事

  • 子供の整体はできますか?子供の整体はできますか? 最近、お子様の施術のご相談、お願いをされることが増えてきました。   自分自身、2児の父で、7歳の娘と1歳の息子がいます。   先日は娘が腰が痛いと言い出しまして。   7歳で腰が痛いとかあるのか?と自分の小さい頃の記憶を振り返ってみましたが、、、   そんなことは覚えておらず。 & […] Posted in 健康
  • 筋肉が固くなる理由筋肉が固くなる理由 自分が弟子入りした『双龍門』は、中国皇帝のための医学として、不老長寿を目的として発展してきました。   中国皇帝の体をいかに長く若々しく維持するか。   そのために、体の不調を取り除くには、どうすれば良いのか。   1800年前に誕生し、数々の人体実験と検証を繰り返してきました。   若さ […] Posted in 健康
  • いびきの原因は?いびきの原因は? 先日、いびきについてご質問をいただきました。   自分の娘は3歳のころ、いびきをかくようになり、、、   「こんな小さな子でもいびきをかくんだ、、、」と驚きました。   今ではまったくいびきをしなくなったので、安心していますが、当時はなんとか改善しようと躍起になっていました。   というこ […] Posted in 健康
  • 最短で最高の体に変える5つの質問最短で最高の体に変える5つの質問 世の中にはいろんな健康情報がありますよね。   自分は中学校から競技ソフトボールを続けてまして。   パフォーマンスの高い体を保つため、健康にいいといういろんなことをやってきました。   玄米菜食やったり、ローフードやったり、朝食バナナダイエットをやったり。   それだけでなく、筋トレやっ […] Posted in 健康
About The Author

黄 慶山

福島健二(ふくしまけんじ) 中国伝統医療【双龍門】認定整体師 群馬双龍門整体院 代表 1980年生まれ。群馬県高崎市出身。 病院では治せないと言われた患者を、中国伝統医療独自の施術で1万人以上救ってきた1800年の続く流派【双龍門】第76代承門に弟子入りし、整体術と氣功を伝承。 3年間で500人以上の患者に効果を上げる。 あるとき、患者さんに「痛くしないでください」と言われたことをきっかけに、自分自身が施術を受ける際も痛くされるのは嫌だったことから、痛みを感じさせずに痛みを改善する施術方法がないかと研究。 結果、まったく揉まず、痛みを感じることなく体の痛みを改善する方法を発見。その施術方法での改善率は91.3%にものぼる。 「薬を使わずに健康な身体づくりが簡単にできる社会をつくる」をミッションに掲げ、活動中。 1歳の息子と7歳の娘の父親でもある。 趣味はソフトボール(中学校からずっと続けている) ・著書 『筋トレなし、ランニングなし、食事量制限なしで内側から活力みなぎる引き締まった体をつくる方法』(Kindle)

コメントはこちら