疲れやすいのは呼吸のせい?呼吸が体にもたらす3つのメリット

ベッドに横向きで寝ている女性

あなたにクイズです。

 

生きている間、どんな人でも毎日必ずやっていることはなんでしょうか?

 

ヒントは『1日3万回』です。

 

はい、もうおわかりだと思います。

 

【呼吸】ですね。

 

人間は平均1分間に15〜20回も呼吸をしていると言われています。

 

1日は24時間ですから、1時間で約1,200回、24時間で約28,800回となります。

 

1日で3万回近い呼吸を繰り返し、私たちの体は生命維持を行なっています。

 

その呼吸が5分間止まってしまうと、命を落とすわけですから、呼吸が人間の体にとってどれほど大事なものなのかはわかると思います。

 

呼吸は誰でも無意識に行なっているもの。

 

しかしその呼吸を1日たった3分意識するだけで、あなたの体は疲れにくい体へと変貌します。

 

今のライフスタイルに3分間だけ、呼吸法を加えれるだけで、朝の目覚めが良くなり、仕事中の集中力が上がり、仕事を精力的にこなすことができるようになります。

 

でも、マイナス面も正直にお伝えしなくてはなりません。

 

仕事がはかどってしまうので、仕事を頼まれることが多くなり、仕事量が増えてしまう可能性があります。

 

でも、そんなことはまったくかまいませんよね。

 

では、どうして呼吸を変えるだけで、疲れにくい体に変わっていくのかですが、、、

 

呼吸力がなくなると疲れやすくなる理由

 

呼吸をする時に使うのは、『肺』ですよね。

 

肺は呼吸をすることで、大きく膨らみます。

 

肺の下には『横隔膜』、その下には『腹腔(ふくくう)』と言われる場所があって。

 

『腹腔(ふくくう)』とは、簡単にいうと内臓(肝・心・脾・肺・腎)を格納する空間です。

 

呼吸をして肺が膨らむと、その下にある横隔膜が下方向に押され、腹腔を圧迫し、腹腔内の圧力を高める。

 

腹腔内の圧力が高まると、体の中心にある「脊柱」と「体幹」を支える力が働き、体が安定しやすくなるんですね。

 

で、「脊柱」って簡単にいうと背骨ですが、背骨には神経の束である脊髄神経(せきずいしんけい)というのが通っていまして。

 

そこから、全身の神経が伸びているので、背骨を支えられなくなってしまうと、体を思い通りに動かすことが難しくなって、余分な負荷が体にかかるようになるんですね。

 

そうすると、普段の何気ない動きにも負担がかかるようになって、エネルギーの消耗が激しくなり、疲れやすい体になってしまうというわけです。

 

呼吸を変えると疲れにくくなる

 

1日のうちのたった3分間だけ、意識的に呼吸をすることで、体の回復力は上がっていきます。

 

3分間のうち、呼吸をするのは15回。

 

その15回の呼吸法で、仕事の集中力が上がり、体をスムーズに動かすことができるようになります。

 

実際に呼吸法を体験した方からは、、、

 

K.Tさん

“昨日はありがとうございました。直接お会いし得て教えていただけて良かったです。集中できる時間がすでに長くなっています。続けてどうなるか楽しみです!元気になり過ぎで飲み過ぎないように気をつけます(笑)。またよろしくお願いいたします。”

M.Tさん

“昨日は氣功のご指導ありがとうございました。昨日言われた事を朝から実践してエネルギーも入ったのか調子はすごく良いです。”

 

というご報告をいただいています。

 

呼吸を変えれば活力が生まれる

 

生命維持に欠かすことができない呼吸。

 

呼吸をコントロールすることは、あなたの理想の体を実現するための近道です。

 

呼吸でエネルギーの循環を良くして疲れにくい体になるだけでなく、腹腔内の圧力を高めることで、背骨がまっすぐになり、体幹の筋肉が充実することで、姿勢も良くすることができます。

 

エネルギーの流れが良くなれば、体は思い通りに動くようになり、キビキビとした動きから、若々しく見られるようにもなります。

 

たった3分間の呼吸法が、あなたの人生に革命を起こす可能性を感じてみたくはありませんか?

 

 

呼吸法を詳しく知りたい場合は、
下のボタンをクリックして、
表示されるページにてLINEにご登録ください。
↓↓↓

LINE登録アイコン

関連記事

  • スポーツの世界でも呼吸法が活用されているスポーツの世界でも呼吸法が活用されている 己の肉体1つで勝敗をつけるスポーツ。   スポーツ選手にとって、自分自身の肉体は最大の資産であり、常に磨きをかける対象でもあります。   いかにパフォーマンスを上げていくのか。 パフォーマンスを上げるには、どういうトレーニングをすればいいのか。   ということが、これまで注目されてきましたが、、、 &n […] Posted in 氣・気功
  • 大阪で呼吸法実践会を開催!大阪で呼吸法実践会を開催! 日曜日は新大阪駅の近くで呼吸法の実践会を開催しました。   今回ご参加されたのは男性2名。   少人数でやっているのには理由がありまして。   しっかりと呼吸法の効果を実感してもらうため、ご参加された方の体調の検査をした後で、その方に最適な呼吸法の組み合わせを提供するためです。   なぜ最 […] Posted in 氣・気功
  • 健康を保ちたいなら呼吸を変えなさい健康を保ちたいなら呼吸を変えなさい 10月から群馬双龍門整体院では、毎週、呼吸法講座をやっています。   中医学では、呼吸は生命維持や健康を維持する上で、食事と同じく重要と考えています。   そのため、当院でも呼吸の大切さをお伝えしながら、呼吸法を実際に体験してもらい、呼吸法をすることで、どのくらい体に変化が起こり、楽になっていくのかを講座を通してお伝えしています。 […] Posted in 氣・気功
  • 【動画あり】呼吸法の効果を実感する人が増えています【動画あり】呼吸法の効果を実感する人が増えています 昨晩、群馬の整体院にて、呼吸法の個人レッスンを行ないました。   多くの人は 「呼吸を変えたところで、体に効果なんてないでしょ。」 と思っていると思いますが、、、   呼吸の仕方を変えるだけで、体にどのくらい変化が起こるのかを実際に体験していただきました。   呼吸法の前に必ず行なうこと   […] Posted in 氣・気功
About The Author

黄 慶山

福島健二(ふくしまけんじ) 中国伝統医療【双龍門】認定整体師 群馬双龍門整体院 代表 1980年生まれ。群馬県高崎市出身。 病院では治せないと言われた患者を、中国伝統医療独自の施術で1万人以上救ってきた1800年の続く流派【双龍門】第76代承門に弟子入りし、整体術と氣功を伝承。 3年間で500人以上の患者に効果を上げる。 あるとき、患者さんに「痛くしないでください」と言われたことをきっかけに、自分自身が施術を受ける際も痛くされるのは嫌だったことから、痛みを感じさせずに痛みを改善する施術方法がないかと研究。 結果、まったく揉まず、痛みを感じることなく体の痛みを改善する方法を発見。その施術方法での改善率は91.3%にものぼる。 「薬を使わずに健康な身体づくりが簡単にできる社会をつくる」をミッションに掲げ、活動中。 1歳の息子と7歳の娘の父親でもある。 趣味はソフトボール(中学校からずっと続けている) ・著書 『筋トレなし、ランニングなし、食事量制限なしで内側から活力みなぎる引き締まった体をつくる方法』(Kindle)

コメントはこちら