消耗しない体を創る!

落ち葉の上に横たわる女性

日曜日、ソフトボールの試合があり、ピッチャーがいないから来てと頼まれたので、しょうがなく参加してきました。

 

(この時点でやる氣が感じられませんが、、、)

 

で、気温12度の中で試合をしてきたわけですが、結果は惨敗。

 

かなり打ち込まれて、今年やった試合の中でも最低の結果となりました。

 

しかも、打球が左すねに直撃するというおまけ付き。

 

散々な試合となりましたが、やっぱりスポーツをやっていると、ケガのリスクは付き物だなと改めて感じました。

 

体を動かしすぎれば健康は損なわれる

 

一般的にはスポーツして体を動かすことは、健康にいいという認識が強いですが、やり過ぎると反対に体にとっては毒になりますね。

 

運動して筋肉痛になったり、体の疲労感が増したりということを経験したことがある人はたくさんいると思います。

 

人間、誰でも歳を取るわけですが、健康という面で考えた時、年齢を重ねれば重ねるほど、いかに体力の消耗を抑えるのかというのが大事になってきます。

 

結局、体力の消耗が激しければ、体調は崩れやすくなりますし、体のパフォーマンスも落ちていくのは当然のことです。

 

でも、ガンガン体に負荷をかけた方がいいと思い込んで、疲れていても体に鞭打って、体を酷使する人って本当に多いなと。

 

そんなに体いじめてどうするのって思いますが、体を過剰に動かして、体力が消耗し始めると、エンドルフィンが分泌されて、体は極限状態にあるのに、むしろ気持ちよくなるということが起こります。

 

この作用で代表的なものが『ランナーズハイ』と言われるものです。

 

エンドルフィンの作用によって、幸せな気持ちがもたらされ、より集中力が増す。

 

なので、体は極限状態なのに、さらに体に負荷をかけるということが起こってきます。

 

これって、中毒症状に似ていて、体を壊す代わりに、快感を得るという、諸刃の剣でもあります。

 

いつまでも体を良い状態に保ち、パフォーマンスを上げていきたいのであれば、体への過負荷によって得られる快感の中毒にならないことが大切です。

 

運動で筋肉がつくと冬も薄着の理由

 

体を動かすことで、筋肉がつくと、冬の寒い時期でも薄着で大丈夫と自慢する方がいますが。

 

はっきりいってあまり自慢できることではありません。

 

中医学でいうと、筋肉に過剰な負荷をかけ続けていると、『肝』が常に熱を持った状態になります。

 

『肝』とは、肝臓・胆のう・神経・腱・靭帯・目・爪といったものを含み、また神経伝達物質も『肝』で作られていると考えられています。

 

『肝』が熱を持つことで、これらに熱の症状が起こり、神経の感覚異常が起こってきます。

 

これは代謝が良くなっているわけではなく、体の中に常に熱があるため、暑く感じるという状態で、特に肝臓にはかなりの負担になります。

 

運動も適度にやるのが良い

 

健康を目的に運動をやるという場合は、体に過剰な負荷をかけるというのは避けたほうがいいのは明白です。

 

運動の爽快感や達成感を得るためにやっている場合は、目的が違うため、どんどんやっていただいて構わないですが、そうでないなら、激しい運動は避けた方がいいです。

 

特に年齢を重ねた場合に注目しなければいけないのは、いかに『消耗しない体』を作っていくかが重要になります。

 

体力やエネルギーを消耗しないようにし、常にエネルギーを貯めていくようにすることで、ベストなパフォーマンスを維持し続けることができます。

 

『消耗しない体』作りでベストな方法が、【呼吸法】です。

 

運動の代わりに【呼吸法】にシフトするだけで、あなたの体は『消耗しない体』へ近づいていきますよ。

 

 

ベストパフォーマンスを維持したい場合は、
下のボタンをクリックして
表示されるページにてLINEにご登録しておいてください。
↓↓↓

LINE登録アイコン

関連記事

  • 子供の整体はできますか?子供の整体はできますか? 最近、お子様の施術のご相談、お願いをされることが増えてきました。   自分自身、2児の父で、7歳の娘と1歳の息子がいます。   先日は娘が腰が痛いと言い出しまして。   7歳で腰が痛いとかあるのか?と自分の小さい頃の記憶を振り返ってみましたが、、、   そんなことは覚えておらず。 & […] Posted in 健康
  • 筋肉が固くなる理由筋肉が固くなる理由 自分が弟子入りした『双龍門』は、中国皇帝のための医学として、不老長寿を目的として発展してきました。   中国皇帝の体をいかに長く若々しく維持するか。   そのために、体の不調を取り除くには、どうすれば良いのか。   1800年前に誕生し、数々の人体実験と検証を繰り返してきました。   若さ […] Posted in 健康
  • いびきの原因は?いびきの原因は? 先日、いびきについてご質問をいただきました。   自分の娘は3歳のころ、いびきをかくようになり、、、   「こんな小さな子でもいびきをかくんだ、、、」と驚きました。   今ではまったくいびきをしなくなったので、安心していますが、当時はなんとか改善しようと躍起になっていました。   というこ […] Posted in 健康
  • 最短で最高の体に変える5つの質問最短で最高の体に変える5つの質問 世の中にはいろんな健康情報がありますよね。   自分は中学校から競技ソフトボールを続けてまして。   パフォーマンスの高い体を保つため、健康にいいといういろんなことをやってきました。   玄米菜食やったり、ローフードやったり、朝食バナナダイエットをやったり。   それだけでなく、筋トレやっ […] Posted in 健康
About The Author

黄 慶山

福島健二(ふくしまけんじ) 中国伝統医療【双龍門】認定整体師 群馬双龍門整体院 代表 1980年生まれ。群馬県高崎市出身。 病院では治せないと言われた患者を、中国伝統医療独自の施術で1万人以上救ってきた1800年の続く流派【双龍門】第76代承門に弟子入りし、整体術と氣功を伝承。 3年間で500人以上の患者に効果を上げる。 あるとき、患者さんに「痛くしないでください」と言われたことをきっかけに、自分自身が施術を受ける際も痛くされるのは嫌だったことから、痛みを感じさせずに痛みを改善する施術方法がないかと研究。 結果、まったく揉まず、痛みを感じることなく体の痛みを改善する方法を発見。その施術方法での改善率は91.3%にものぼる。 「薬を使わずに健康な身体づくりが簡単にできる社会をつくる」をミッションに掲げ、活動中。 1歳の息子と7歳の娘の父親でもある。 趣味はソフトボール(中学校からずっと続けている) ・著書 『筋トレなし、ランニングなし、食事量制限なしで内側から活力みなぎる引き締まった体をつくる方法』(Kindle)

コメントはこちら